院長挨拶

豊浦病院 院長 八木和德の写真

平成17年の開院以来、地域の慢性期医療を担ってまいりました豊浦病院において、機能拡充に向けて建設を進めてまいりました増築棟が、このたび竣工の運びとなりました。この場をお借りいたしまして、ご支援・ご協力を賜りました関係者の皆様方に厚く御礼申し上げます。
豊浦病院は、6月1日より「新発田リハビリテーション病院」に名称を変更して、一般病床60床を増床するほか、9月1日には介護療養病床120床を医療療養病床に転換し、将来的には地域包括ケア病床と回復期リハビリテーション病床に機能転換していく予定です。また、同じく9月1日に介護医療院120床を新規開設いたしました。
今後さらに多様化する医療ニーズに柔軟に対応し、地域に根差した病院として地域貢献を果たしてまいりたいと存じます。引き続きご指導・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。